上野東京ラインの開通に思う

3月14日に上野東京ラインが開通してから、有楽町など山手線の東側に行くことが多くなりました。特に高崎線・宇都宮線・常磐線で乗り換えせずに東京まで行けるようになったことは、ものすごく大きいです。 私の住まいは埼京線の沿線なので、山手線の東側へのアクセスがあまり良くありません。このため上野や秋葉原、有楽町などは何となく行きにくさを感じてしまい、敬遠していました。山手線や高崎線・宇都宮線と一部並行して走る京浜東北線の駅までは路線バスがありますが、使い勝手が良いとはいえません。 でも上野東京ラインに初めて乗ってみて、面倒な感じが一気に吹っ飛びました。上野で山手線に乗り換えなくて済むのです。実に楽で、便利で、目的地にも早く行けます。自宅の最寄りの停留所からバスで駅まで行くのも、それほどつらいと感じなくなりました。 実は私は、京浜東北線の沿線に一時期住んでいたことがあります。交通の便は良かったのですが、騒音がひどいうえに狭く、周辺の環境も落ち着かない感じだったので、1年もたたないうちに今の住まいへ引っ越してしまいました。 今の住まいは日当たりや間取りは良いのですが、前の住まいに比べると交通の便が悪いです。埼京線や湘南新宿ラインでも都心や神奈川方面に行けますが、本数が少ないうえに、ダイヤが乱れることも多いので、京浜東北線などに比べて使い勝手が格段に落ちるといえます。京浜東北線の沿線で、もっと落ち着いた場所を探せばよかったと後悔したことが何度もありました。 3月のJRのダイヤ改正で埼京線の本数が増えましたが、それ以上に京浜東北線・高崎線・宇都宮線が使いやすくなったような感じです。山手線の東側に、もっと積極的に出かけてみようと思いました。夫は京浜東北線の沿線を嫌っていますが、何とか説得して、将来は京浜東北線の沿線にまた済みたいと考えているくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です